海外作品

【あらすじと感想】『吸血鬼ドラキュラ』ブラム・ストーカー

2023年9月8日に公開された『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』。 原作は『吸血鬼ドラキュラ』の第7章にある「デメテル号船長の航海日誌」を映画化したものです。 本記事ではブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』をご紹介します。
歴史

【レビュー】『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』山﨑圭一

世界史を単なる暗記科目ではなく、ストーリーとして読める構成になっています。
日本の作品

【あらすじと感想】金田一耕助シリーズ第1弾『本陣殺人事件』横溝正史

「日本三大名探偵」の一人である金田一耕助。 とても有名なシリーズで、映像化も何度もされていますね。 本記事では横溝正史の『本陣殺人事件』をご紹介します。
海外作品

【あらすじと感想】『緋色の研究』アーサー・コナン・ドイル

世界的に有名な名探偵の一人、シャーロック・ホームズ。 とても有名なシリーズで、テレビドラマ化や映画化もされていますね。 本記事ではコナン・ドイルの『緋色の研究』をあらすじや感想をご紹介します。
海外作品

【あらすじと感想】『自負と偏見』ジェーン・オースティン

「古典」と聞くと、なんだかとっつきにくい、お説教じみたお話をイメージしてしまいませんか? 私も以前はそうでした。 しかし、ある作品を読んで考えが変わりました。 本記事ではジェーン・オースティンの『自負と偏見』(訳によっては『高慢と偏見』なども)をご紹介します。
日本の作品

【あらすじと感想】『敦煌』井上靖

『敦煌の莫高窟』は世界遺産にも登録されている仏教遺跡です。 『敦煌』は『敦煌の莫高窟』から発見された「敦煌文書」の由来を主題とする小説です。 本記事では井上靖の『敦煌』のあらすじをご紹介します。
日本の作品

【あらすじと感想】前期三部作の一つ『それから』夏目漱石

近代日本文学の文豪の一人、夏目漱石。 『こころ』は教科書にも載っていますし、『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』はタイトルだけでも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 本記事では夏目漱石の前期三部作の一つである『それから』をご紹介します。
海外作品

【あらすじと感想】『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー

「ミステリーの女王」と呼ばれるアガサ・クリスティー。 「名探偵ポアロ」や「ミス・マープル」シリーズなどの推理小説が有名ですが、ロマンス小説に分類される作品も残しています。 本記事ではアガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』のあらすじをご紹介します。