海外作品

【オーディオブックで英語】『賢者の贈り物』O・ヘンリー

O・ヘンリーの『賢者の贈り物』は、ラダーシリーズからも出版されています。また、オーディオブックでも取り扱っています。
海外作品

【オーディオブックで英語】『クリスマス・キャロル』チャールズ・ディケンズ

ディケンズの『クリスマス・キャロル』は、ラダーシリーズからも出版されています。また、オーディオブックでも取り扱っています。
季節・イベント

クリスマスに読みたい海外小説5選<海外編>

今回はクリスマスにぴったりの海外小説を5作品ご紹介します。『クリスマス・プディングの冒険』アガサ・クリスティー、『クリスマス・キャロル』チャールズ・ディケンズ、『賢者の贈り物』オー・ヘンリー、『くるみ割り人形とねずみの王様』ホフマン、『飛ぶ教室』エーリッヒ・ケストナー。
日本の作品

【あらすじと感想】『硝子の塔の殺人』知念実希人

知念実希人の『硝子の塔の殺人』のあらすじと感想です。この作品は2021年に発行されたクローズドサークル・ミステリーです。本屋大賞にノミネートもされました。
ビジネス・自己啓発

【レビュー】『樋口裕一の小論文トレーニング』樋口裕一

樋口裕一さんの『樋口裕一の小論文トレーニング』のレビューです。
海外作品

【あらすじと感想】ミス・マープル初登場作『火曜クラブ』アガサ・クリスティー

アガサ・クリスティーの『火曜クラブ』のあらすじと感想です。1932年に刊行された短編集で、表題作の『火曜クラブ』はミス・マープルの初登場作品です。
海外作品

【あらすじと感想】『ロビンソン漂流記』ダニエル・デフォー

本記事ではダニエル・デフォーの『ロビンソン漂流記』のあらすじをご紹介します。
海外作品

【あらすじと感想】アガサ・クリスティーデビュー作!『スタイルズ荘の怪事件』

アガサ・クリスティーの『スタイルズ荘の怪事件』のあらすじや感想です。これは1920年に発表された長編推理小説で、アガサ・クリスティーのデビュー作です。エルキュール・ポアロシリーズの長編第1作でもあります。
日本の作品

『屍者の帝国』主要キャラ元ネタまとめ

伊藤計劃と円城塔による『屍者の帝国』は、ストーリーも面白いのですが、著名な作品のキャラクターが登場するパスティーシュ小説であることも読書好きにはたまりません。今回は『屍者の帝国』の登場人物のうち、フィクションにモデルがあるものについてまとめました。
海外作品

【あらすじと感想】『007/カジノ・ロワイヤル』イアン・フレミング

映画作品としても有名なジェームズ・ボンドシリーズ。 本記事ではイアン・フレミングの『007/カジノ・ロワイヤル』をご紹介します。