2023-06

海外作品

【あらすじと感想】『自負と偏見』ジェーン・オースティン

「古典」と聞くと、なんだかとっつきにくい、お説教じみたお話をイメージしてしまいませんか? 私も以前はそうでした。 しかし、ある作品を読んで考えが変わりました。 本記事ではジェーン・オースティンの『自負と偏見』(訳によっては『高慢と偏見』なども)をご紹介します。
日本の作品

【あらすじと感想】『敦煌』井上靖

『敦煌の莫高窟』は世界遺産にも登録されている仏教遺跡です。 『敦煌』は『敦煌の莫高窟』から発見された「敦煌文書」の由来を主題とする小説です。 本記事では井上靖の『敦煌』のあらすじをご紹介します。