akaru

海外作品

【あらすじと感想】「ギリシャ語通訳」アーサー・コナン・ドイル

世界的に有名な名探偵の一人、シャーロック・ホームズ。 とても有名なシリーズで、テレビドラマ化や映画化もされていますね。 本記事ではアーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズの回想』より「ギリシャ語通訳」のあらすじや感想をご紹介します。
日本の作品

『屍者の帝国』伊藤計劃・円城塔【あらすじと感想】

劇場アニメ化もされた、伊藤計劃と円城塔による『屍者の帝国』。 ストーリーも面白いのですが、著名な作品のキャラクターが登場するパスティーシュ小説であることも読書好きにはたまりません。 本記事では伊藤計劃と円城塔による『屍者の帝国』のあらすじをご紹介します。
日本の作品

【3月22日からHuluで実写ドラマ配信】『十角館の殺人』綾辻行人【ミス研由来作家の代表作】

綾辻行人さんの『十角館の殺人』。 こちらをきっかけにミステリが好きになった人も多いのではないでしょうか。 また、2024年3月22日午前10時から、Huluで実写ドラマが配信されます。(全5話) 期待が大きいですね。 本記事では『十角館の殺人』の登場人物であるミス研メンバーの名前の由来となった作家の代表作とHuluのご紹介をします。
日本の作品

【3月13日は野想忌】浅見光彦シリーズ第1作『後鳥羽伝説殺人事件』内田康夫

作家の命日で「文学忌」というものがありますね。 3月13日は内田康夫の命日である「野想忌」です。 本記事では内田康夫の『後鳥羽伝説殺人事件』のあらすじをご紹介します。
日本の作品

【3月22日からHuluで配信】『十角館の殺人』綾辻行人【あらすじと感想】

『十角館の殺人』を読んで推理小説が好きになった人も多いのではないでしょうか。 本記事では綾辻行人さんの『十角館の殺人』とHuluのご紹介をします。
季節・イベント

春に読みたい小説5選

こんにちは、akaruです。 別れと新たな出会いのある季節、春。 本記事では春に読みたい小説を5作品ご紹介します。 『何者』朝井リョウ、『十角館の殺人』綾辻行人、『三月は深き紅の淵を』恩田陸、『絡新婦の理』京極夏彦、『四畳半神話大系』森見登美彦。
日本の作品

【2月17日は安吾忌】Kindle Unlimitedで読める『桜の森の満開の下』坂口安吾【あらすじと感想】

作家の命日で「文学忌」というものがありますね。 2月17日は坂口安吾の命日である「安吾忌」です。 本記事では坂口安吾の『桜の森の満開の下』のあらすじをご紹介します。
日本の作品

【あらすじと感想】百鬼夜行シリーズ第3弾『狂骨の夢』京極夏彦

百鬼夜行シリーズといえば、昨年2023年9月に最新作となる『鵼の碑』の発売が話題になったのが記憶に新しいですね。 本記事ではシリーズ第3作である『狂骨の夢』のあらすじをご紹介します。
海外作品

【バレンタインに】『チョコレート工場の秘密』ロアルド・ダール【あらすじと感想】

『チョコレート工場の秘密』は2005年に『チャーリーとチョコレート工場』として公開されました。 また、2023年12月に『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』が公開されましたね。 本記事ではロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』のあらすじをご紹介します。
日本の作品

【1月10日は織田作忌】Kindle Unlimitedで読める『夫婦善哉』織田作之助【あらすじと感想】

作家の命日で「文学忌」というものがありますね。 1月10日は織田作之助の命日である「織田作忌」です。 本記事では織田作之助の『夫婦善哉』のあらすじをご紹介します。